2007年 11月 06日

泣かす!

b0019436_39127.jpg

というわけで、散々泣かされたので、
 ミクを泣かしました>八つ当たり。

赤面は、赤面のテクスチャを用意してミックス2カラーで、混合。
 混合率は、ウエイトを、スカラーにつなぎ、スカラーをコントロールバーに
  リンクで接続。テクスチャエディッタですら外部からコントロール可能でふ。

涙は、質感としてはこんなもんだろうけど、どうやって追従させようか悩み中。
 ポイントTOクラスターでいけそうだけど、最終的には使わないだろうから、
  いわゆるテストということで。

 エロ技術、貯めてイキマス。
  しかし、どうしてもやりたい技術は、5.0以降でしかプラグインが対応していなかったので
   それ以降になりそう。7の無償VerUp待遇を狙っているから、時期的には、
    来年の夏ぐらいかな?ZBの連携も4.2だと心もとないし。

 しかし、通常で使う分には、問題ない。まあ、アニメーションとか試してないけど。

※覚書
 ROCKを行っていると、アニマニウムのモーションをそれ以降読み込まなくなる。
  非常に注意。

 ボーンの長さに対するアニメーションは必要ないとROCKしていたんだけど、
  それが裏目に出た・・・。マーキングパラメータは関係ある?



ADOBE
アクティベーションに関して、通常ルーターの外に出ないようにパケットをフィルタリングすることで、データの外部通信を止めている。ルーターを利用した屋内LANは生かしておきたいので、この設定だ。特にアプリケーションは問題ないのだが、ADOBEだけはいただけない。
 パケットフィルタリングを解除し、インターネットに接続すると、それを感知するためか、
  アクティベーションの再設定を迫られるのだ。
   それは、ADOBEソフトを再起動した際に有効になるようで、たとえば、
    XSIのネット機能を使って、スクリプトを利用したりする。
     常時接続は健康に悪いので、パケットフィルタで、フィルタリングを行う>すべてのポート
 すると、次にフォトショップを立ち上げた際、アクティベーションを求めてくるのだ。
  また、ルーターの設定に戻って、フィルタを解除し、アクティベーションを解除する。

 ちょっとしたことだが、非常に不便だ。不快だ。
  ADOBEがOSをHackするというのはどうやら本当のようだ。
   個人情報を集めないなんていっているのだが、どこまで本気だろう?
[PR]

by tera_planet | 2007-11-06 03:09 | XSI


<< げ、キターーー      あー、あ~ エクスプレッション... >>