p-diary

planet2nd.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 23日

非日常的な出来事

うーん、日本酒はキクナァ
 前日のカキコ(>_<)

ということで、

自分は超常現象の類は信じておりません。
 アインシュタインすごいな~とか思うし、

三角関数なんて、なんてすげえんだろうとか。
 宇宙とか、科学とか大好きなほうです。

まあ、地球外生命体ぐらいは、居る可能性を否定しませんが。

つまり、平凡な男であり、非日常的な生活を送ったことのない俺としては、
 見るもの以外信じない。むしろ、見ても自分の常識にしか当てはめれない、
  普通の、ごくどこでも居る 奴なのです。

むしろ、宗教に関しては、反発を覚えるぐらいです。

ハイ、ここまで前置きな。
 オレのスタンスわかったかな?




というわけで、久々のネタ
 息子君5歳ですが、
  最近、その手の話がなくなってきたし、適度に誇張とか嘘とかつくようになったので
   (成長しており)安心しておりました。
 まぁ、人間見たくないものや、聴きたくないものには耳をふさぐものです。

 とりあえず、あった事実だけ。
  先週の金曜日トンネルの手前でとめられ、事故があったのでUターンするように
   言われた。
  Uターンといっても、地方の生命線である道路、迂回するだけで、逆走、
   1時間もかかる。

 事故はトンネル内部で起きたのか、消防団(消防署ではない)が、
  消火活動に当たっていた。
   車が炎上となるとただ事ではない。
    タイヤの焼ける嫌なにおいが記憶に残った。
   死んでなきゃいいが。

 気にはしつつ、確認の手立てはないので、帰宅した。
  日曜日、前日から父が、日曜日に芋ほりを孫としよう、といっていたので、
   実家に向かう。もちろん途中であのトンネルに入る。

 実はこのトンネルはいわくが付きすぎて評判のトンネルだ。
  なにせ、半島を通過するトンネルで、山の中腹にあるため、勾配がかなりきつい。
   さらに、この大きいトンネルの上には、旧トンネルが存在する。
  ここに、激しく出るらしい。

 トンネルを越えれば季節が変わる。そんな、昔の歌に出てきそうなトンネルだ。
  まあ、半島の南から日本海側に抜けるので、あたりまえといえば当たり前だが、
   トンネル抜けたら、雪だったよ~」なんて結構ある
    そして、事故が多い。オレの友人も漏れなくやっている(w 死んでないけど

 前日完全通行止めであったことや、きみがやっぱり悪いということで
  恐る恐るトンネルを抜けると、やはり、花が添えてあった。
   トンネルの中央でなく、トンネルを抜けたところだ。
 
 このトンネル、出てすぐが急カーブなのである。
  急カーブの上、出口が山の沢にあたり、落ち葉は多い、水気は多い、冬は凍る
   マンホールはあるで、スリップし放題。

 事故車は、軽自動車らしいが、トンネルを出た瞬間、対向車に右前面から、
  正面衝突したらしい。正面衝突といってもカーブの途中、
   車重さの軽い、軽自動車は、弾き飛ばされ、反対側の幅1.5m、深さも1.5ぐらいある、側溝に転落、横倒し、炎上したらしい。まあ、脱出できず、焼死、というのが、結果だ。
 おそらく、突っ込んだ車は緩やかな上り坂で、スピードを上げすぎたところ車が曲がりきれず、
  もしくはスリップして突っ込んだのだろう。
 相手が19歳というのもうなずける。

 ここまでは、父に聞いた話である。

 なるべくなら、避けて通りたい死に方だ。

 そこを通ったとき、「あ~死んでるな~」
  口から漏れた。

 長男が、なんか見るか? と思ったが、
  話題は、僕が死んだら、じいちゃんは泣くかな~、
   なんて他愛のないものである。

 あ、こいつ 抜けたな(w と正直思った。


 で、その日の夜。ヨメの実家で飯を食った。
  まあ、話題の少ない地方だ、自然と事故の話になる。

 義理の妹と、いやな事故だね~と話していたところ

「すごい 悲鳴だったもんね~」(長男)

 ・・・。うちの父はそんな話までした記憶はない。
  ちょっとした戦慄だ。孫に向かって話す話題でもないだろう。

「誰に聞いたの? その話」(オレ)
「そんなの、自分に聞けばわかるでしょ?」
 さも、当然のことであることの用に彼はいうのだ・・・。

「・・・」
「あはははは」(義妹)

 自分ってダレダヨ?

・死んだ人、本人のことか?
・それともI(私)のことか?

誰であろうとも導き出される答えは、
 息子は、その耳(?)で聞いたということだ


流石に確認まではとっていない。
 興味本位で突っ込むには、リスクが大きすぎる
[PR]

by tera_planet | 2007-10-23 06:01 | 日常


<< あー あー ダメです~      いや、なんかノッテキタヨ! >>