2006年 09月 16日

マテリアルを多少学ぶ

b0019436_6451742.jpg

おんなじようなものをたくさん張ってすでに飽きた感はありますな

まあ、進行に添った覚書とおもって続けるか。

さて、口腔内の製作と、あごのボーンの製作、ウエイトマップの適用、前髪の調整。
 特に問題なし(ぉぃ

いや、ボーンを追加する場合はenvlopeを再適用する。その際、再計算を行わないように
 注意が必要。再計算させると、今まで調整したWaitがぱーになる。

これで口ぱくがボーンによって可能になったが、実際のアニメーションでは
 あごは動かず、唇だけなので、違和感があるかも。
[PR]

by tera_planet | 2006-09-16 07:23 | XSI


<< 好きな位置にNull      Toon >>