2006年 01月 07日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます・・・。
 ・・・正月は正直死ネタ・・・。
  朝、家でおとそをいただく>昼、嫁の実家の宴会>夜、家の実家の宴会・・・。

 のんでばっかりジャン。
  というのも、本来なら、1日 2日にあいさつ回りを分けるんだけど、
   それだと、家の親戚周りにあえないので、無理と知りながら、強行軍をおこなった。

 そんなこんなで、疲れがいまさら出たらしく体調を崩しています。

さて、お正月は、お年玉を上げるほうに移行してはや数年。
 親戚連中がおおいので、かなり痛い出費になるのは、わかってたことですが
  やっぱり痛いわけです。

 子供のおもちゃを買ってやるかわりに、自分も、正月って必ずゲームを親に
  買ってもらっていたものです。それで、お年玉全部没収されていましたが(w

 ということで、中古のグランディア3を(寂
  (フロントミッション欲しかったけど、あれ、すぐ安くなるから)

 さて、さて、前評判でクソミソ言われているグランディア3
  ちょっとやってみました。
   いくらクソであろうと、1が、失禁するぐらい好きだったので、はずせません。



さて、そもそも、主人公は飛行機乗りの英雄シュミットをめざす少年
 大空にあこがれています。このへんはいいですが、
  いまいち、ゲームに絡んでこない。ようは、ヒロインのごたごたに巻き込まれるだけ
   巻き込まれるので、主人公の話では無いわけです。
 必然的に自分の目的である、空への憧れは主人公の空回りとなるわけです。

 もし、自分がシナリオ(ありえないですがw)を書くとしたら、
  空への夢、と、ヒロインをどちらを優先させるか? ぐらいな、
   重要性を持たせて欲しかった・・・。夢、序盤であっさりかないすぎ。


 で、もうひとつ重要なこと。これで、序盤の痛いシナリオの流れで
  やる気半減決定事項。

もともと、プレイヤーは男性が多いという状況で話をすすめますが
 主人公は、初期に、自分の母親と旅するわけです。
  まず、母親というには若すぎる外見・・・。これはまあ、善しとしましょう。
   ちなみに父親の姿は全く出てきません。
 この母親は子離れできず、主人公も、母親を名前で呼ぶ、という、擬似恋愛にちかい関係です。
  まあ、マザコンですね。
 さて、このマザコンですが、男性には少なからず存在するはず。そこのところを微妙に
  くすぐった、導入としては、良い方向だと思います。

 夢とヒロインと、母親のヨツドモエが始まるわけです(わくわく

 が、主人公はヒロインと会うことで、急速にマザコンを脱却していきます(w 勝手に
  と、同時に、傷心の母親に、主人公の仲間でもあるが、ギャンブルに弱く女ったらしの男が急接近。
   一夜にしてくっついてしまいます(驚!!!

 で、主人公とヒロインは、旅立つわけですが、
  母親は、「自分の幸せを追うわ」といい、そのたらしといい雰囲気になっているじゃないですか?


 ・・・それは痛いだろう。母親が、たらしのギャンブラーとくっついたら(w

 微妙にコンプレックスをつつきながら、結果として、痛い方向に導くシナリオ。
  狙っているとしたら、それはそれで、大当たりなんでしょうが。
 
 そのアタリはやる気をなくすぞ(w

 と主人公のほうはそんな感じ。


一方ヒロインのほうは、お兄ちゃんとのブラコンです。
 道を外れていく兄とそれを按ずる妹なわけです。

 世界を崩壊へと導く兄ににそれを、何とか阻止しようとする妹ですが
  神である守護獣に、「兄を愛しなさい」と、ご神託をうけます・・・。

 その兄は守護神をどんどん殺していくんですが(w
  で、まあ、ヒロインは、最後までけなげに、兄を愛し抜こうとするわけです・・・。

 まあ、最後までやっていませんが、ここまできたら


  母親を捨て、ヒロインに逃げられ、残ったのは、空の夢だけさ!!!

 に、してくれ、もう。


 と いうふうな ファミリーなコンプレックス満載なゲーム・・・。
  たしか、シナリオは好きだった1を書いた人です。
   1の場合、このコンプレックスを良い方向に昇華し、成長していく主人公で
    成長過程=冒険を楽しめるゲームでしたが。

 今回は痛い・・・。これは痛いといわれるわけだ・・・。

 ゲームバランスも魔法優先で、主人公は物理攻撃を捨てる始末・・・。

 立ってない主人公・・・。
  多少厳しいゲームバランスなので、LVあげを行わないと進めなくなるゲームバランス。
   すすめば、進めるほど、痛いシナリオ・・・。

 クリアーできるか俺・・・。

 

 
[PR]

by tera_planet | 2006-01-07 05:59 | 日常


<< うーん、かっちまった      リハビリ >>