p-diary

planet2nd.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 19日

YAMATO

YAMATO
 豪雪の中YAMATOを見に行った。1/3ぐらいはいろいろな意味で感涙

 いままで、プラモを10艦ぐらい作ってくるほど好きなので
  はずせない映画だったりする。(そのうち半分以上宇宙戦艦だけど)

 小学校時代、なぜか、図書室にじいさんたちが書いた戦記禄などあって、
  それを読みまくった覚えがある。

 子供ながら、ゼロ戦とか、戦艦とか、単純にわくわくしたものだ・・・。
  今は戦争自体がタブー視され始めて、
   戦争ごっこする子供すら見れない世の中になったけどね。



話としては、たいしたこと無かった。
 長嶋一茂の役はいただけ無い。「死二方用意」はそんなものじゃなかったはず。
  YAMATOの甲板から叫ぶのか?

 また、精神至上主義よりも、物質+技術主義でないと、戦争には勝てん
  と、ノタマウガ、そんな、身もふたも無い(汗
   ちょっと、現代の感性が入りすぎている気がした。
    気持ち悪かったりする。

 いや、こんなことを書くのも。
  ちょっと先日、旧海軍のOBたちの本を作ったりしたのだが、
   YAMATOミュージアムに行ったじいさんたちの手記とか。
 かれらは、戦争にまだ、負けていなかったのである(w
  現実に「耐えがたきを耐え」まだ、反撃ののろしが上がるのをまっていたりしたりする(w
   まあ、回天とかに乗って、30分後には出発で敗戦なんて、話なのだから
    じいさんの時間がそのときで止まっているのかもしれないけど。

 そのじいさんたちが言うには、新潟の地震とか台風とかも、
  「たるんだ我々に対する、天誅であります!」らしいが(w

 まあ、そんな感じ。

 映像的にはUPが多すぎて、いただけない。
  もっと、米軍機がわからみた、ロングショットの大和が見たい・・・。
 いや、まあ、護衛戦闘機のいない、大和の上空を、蚊トンボのように
  わらわら、よってくる米軍機に翻弄されている様は良く出来ていたけど?

 あと、爆沈シーンも無かった。なんで?

 護衛艦の存在も、ほとんど出ていないし・・・。

 うーん、マニアックすぎるのかな・・・。

 コンポジットは、それなりによかったが、
  大和の汚しテクスチャが、あんまり現実的でなかった。
   CGくさかったな・・・。
 米軍機も同じ。
  パールハーバーと比べちゃダメなのかな。

 なんて、いろいろマイナス面ばかり書いているが。
  満足度の高い映画だった・・・。

 よくやった角川(w
  たんなる、戦艦好きの感想でした(嘆
[PR]

by tera_planet | 2005-12-19 05:57 | 日常


<< キタキタキタキタ~!!!      銀世界 >>