p-diary

planet2nd.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 19日

BodyRig_30%

結局、Biped_Guideを利用して RIGを作ることにした(結局スクリプト)
b0019436_861655.jpg


現在、ここまで。Null,ボーンなどを親子付けして、定位置につけたのみ。

・コンストレイン 未
・FKIKパラメーター 未
・エクスプレッション 未

 一つ問題点 Add2DChainで 2DChainを追加するのだが、プレーンの指定が良くわからない。
 足、腕などは、まだわかるが、親指などの微妙な角度を持った、プレーンの指定がうまく出来ないのだ。

 けっか、意図した方向に指が曲がらない。こいつは困った orz

 また、UpVectorを指定した場合、右腕が反転する。
b0019436_8123739.jpg


Rollによる回避は根本的で無い気がしており保留。上の件と同様な問題っぽい。

標準リグを調べてみると、ルートボーンにネガティブスケールがしてあった。
ちょっとびっくり。シャドウリグを介して出力するので問題ないのか?

XSIの複雑なChain,RIGを簡易に出力するのがシャドウRigなのだから、
これでいいのか。

となると自分もシャドウリグの必要性を考えないとだめかな?(w

自前でリグを反転ポーズさせたいと思って作り出したのだから、
 一般的な汎用性を気にしなくていいのか、オレオレRIGで。
  ケース バイ ケースで対応していって、対応しきれないときに悩むとか。

 その為の自作スクリプとなんだもんなぁ。
  とりあえず早めに完成させてアニメーションまでたどり着きたいもんだ orz

以下メモ
ソート
https://developer.mozilla.org/Ja/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Array/Sort

 Arrayのソートを行ったら、電話帳的ソートでした(w
 ソートの確認(w

ダイキンのチュートリアル追加
http://www.comtec.daikin.co.jp/DC/prd/si/UsersNotes/
FxTreeも見所は多いけど、なにげにスクリプト記事も追加されてます。ToggleValueコマンドとか、使った事無いものがたくさん! なかなかスクリプトは、便利なものがあっても気づかない事が多いので、重宝します
[PR]

by tera_planet | 2009-05-19 08:15 | XSI


<< Live2D 発売決定      Pixel City >>