2009年 02月 15日

モデリング-顔-+カメラプロジェクション

Zbrushで作った顔を3D-Coatを使い、リトポロジーしたのですが、
 ちょっとリアルに偏りすぎたので修正使用と思います。

手順としては

 1.XSIでスクリーンショットを撮る
 2.XSIで同じ画面でメモカムを行う
 3.フォトショップなどで1.のスクリーンショットに対し、修正予想ペン入れをする。
 4.XSIでスクリーンショットを読み込み、それを下絵にして、修正する
 5.角度を変えておかしいところは修正する。修正した後でメモカムでもう一度、確認

です。

うーん、この一連が出来るスクリプトはないかなぁ。
b0019436_15164678.jpg



追記
 思い出しました
  Ia Maisonさんにあるところのツールでいけます。
   http://www.alamaison.fr/3D/lmProjectionPlane/lmProjectionPlane.html
 カメラで指定しないと駄目ですが、必要十分です。
  Camera_Planeに対し、カメラプロジェクションで投影すれば完璧です。
   カメラからの距離も指定できますしいうことありませんな。
 いままでエクスプレッションで対応していたコントローラーなども、このプレーンに対し
  親子付けすれば、カメラに追従するコントローラーも簡単にできそうです。
[PR]

by tera_planet | 2009-02-15 15:17 | XSI


<< IkaRig研究 1時間目      手と足 >>